Webデザイナーに転職するのに必要な資格「ウェブデザイン技能検定」とは?


Webデザイナーとはこんなお仕事

Webデザイナーとは、Webページを美しく且つ機能的にデザインするお仕事。イラストレーターやフォトショップ、ファイヤーワークスといったグラフィックソフトを用いて、デザインしていきます。技能だけでなく、センスも大きく求められるお仕事ですね。

Webデザイナーを極めるにはどうすればいいのか

Webデザイナーは、イメージ制作はもちろんですが、HTMLやCSSなどを理解し、コーディング作業も行います。動きのあるサイトを構築するには、スクリプトも重要ですね。フラッシュ作成といった作業も出てきます。これらを理解し、制御できるようになるには、数年はかかることを覚悟しておきましょう。

Webデザイナーに就職や転職する上で必要なこととは

いろいろ難しいことを書きましたが、Webデザイナーのお仕事に必要なものは、PCとセンスと技術です。確かに難しいお仕事ではあるのですが、正直なところ、自分次第ということなんですね。ですから、就職や転職を考える際には、誰にでもチャンスはあると思います。自分の努力・がんばりが、直結するお仕事である……と思えばいいかもしれませんね。

「ウェブデザイン技能検定」という資格を取得する上で必要なことは

ウェブデザイン技能検定を受験するには、いろいろな受験資格が必要となります。まずは、ご自身のいまの状態をご確認頂ければと思います。3級は特にありませんが、2級は2年以上の実務経験、1級は7年以上の実務経験、という感じです。