介護食士に転職するのに必要な資格「介護食士」とは?


介護食士とはこんなお仕事

このお仕事は、今後の高齢化社会を見据え、福祉や介護の仕事の重要度を理解し、向上させるべく、設けられました。「食」は、人生において、とても大切なものです。楽しみや生きがいにもなります。その意味合いも踏まえて頂きたいものです。

介護食士を極めるにはどうすればいいのか

特別養護老人ホームや介護施設、介護食を取り扱う外食産業といった場で、経験を積み、スキルアップを重ねていくことをオススメします。また、「食」に関してだけでなく、高齢者や障害者の心理について学んだり、食品衛生に関する法規なども理解する必要がありますよ。

介護食士に就職や転職する上で必要なこととは

介護食士への就職・転職を希望される方は、「食との向き合い方」をしっかりと考え、自分なりのアピールポイントを作った上で、就職活動を行うといいかと思います。ただ柔らかいだけ……といった、いわば「一辺倒」の介護食を提供し、食欲の低下……という大きな課題を残している業界ですので、売り込み方は、自ずとどうしたらいいのか……おわかり頂けるかと思います。

「介護食士」という資格を取得する上で必要なことは

介護食士は、まずは3級を受験して下さい。そうすることで、上級への受験資格が得られることとなります。また、受験資格には、従事した年数も問われて参りますので、この資格の取得を目指している方は、まずは該当施設への就職を先にお考えくださいね。