特別支援学校教諭に転職するのに必要な資格「特別支援学校教諭」とは?


特別支援学校教諭とはこんなお仕事

盲学校やろう学校などの特別支援学校などにおける教育職員です。肢体不自由な子どもや、聴覚・視覚に障害を持っている子ども、言語障害のある子どもなどの自立した活動を支援するお仕事です(もちろん、通常の学校教育も担当します)。このお仕事には、国家資格の取得が必須となります。

特別支援学校教諭を極めるにはどうすればいいのか

子ども達の資質を、しっかりと見据えることが重要です。ただ単に、全てを助けてしまってはいけません。必要な時に、必要とする分だけ、助ける。あとは、子どもたちの姿を見守る。この姿勢こそが、特別支援学校教諭に求められる素養なのです。必要な箇所だけを助けることで、子ども達はどんどん成長をしていきます。その成長により、次第に助けていく部分を減らしていく……つまり、社会への適応能力を高めていくことこそ、大切なお仕事と考えましょう。

特別支援学校教諭に就職や転職する上で必要なこととは

まず採用候補者名簿に記載されることが必要です。それにより、欠員が出た際に採用が行われる……という流れとなります。

「特別支援学校教諭」という資格を取得する上で必要なことは

資格取得のためには、幼稚園から高校までの、いずれかの教員免許を取得した上で教員採用試験における、「特別支援学校教員」という科目で合格することが求められます。試験内容としては、筆記試験の他、点字やオージオメータなどの専門性が問われる実技があります。思っている以上に、狭き門なのです。