グラフィックデザイナーに転職するのに必要な資格「CGクリエイター検定」とは?


グラフィックデザイナーとはこんなお仕事

デザイナーというお仕事は各種ありますが、今回取り上げる分野は、主に広告などの情報を、グラフィックを使用して表現する「グラフィックデザイナー」。最近はソフトも充実し、加工や編集が容易になってきてはいるのですが、クライアントの思い通りに加工を行うためには、それに加えて、やはりコミュニケーションのスキルが求められます。

グラフィックデザイナーを極めるにはどうすればいいのか

グラフィックデザイナーとして活躍するためには、構図やデザインにおける知識とともに、それらを一つの形に集約する美的センスと、流行にのって発想を生み出すための情報収集能力は必須となります。また、クライアントとの打ち合わせを重ねて制作していくため、先に挙げたコミュニケーション能力も欠かせません。これらの能力を日々磨き上げていくことに尽きると思います。

グラフィックデザイナーに就職や転職する上で必要なこととは

デザインにおける基礎的な知識(レイアウトや色彩・フォントなど)は当然として、Illustrator(略称「イラレ」)やPhotoshop(略称「フォトショ」)などのソフトの使い方は最低でもマスターしておくべきでしょう。

「CGクリエイター検定」という資格を取得する上で必要なことは

CGクリエイター検定に合格するためには、表現の基礎やCG技術、映像の編集だけではなく、知的財産権やプロダクションワークについての知識……などといった、実にさまざまな方面の知識が必須となります。