刑務官に転職するのに必要な資格「刑務官試験」とは?


刑務官とはこんなお仕事

刑務官は、刑務所や拘置所等の刑事施設で、施設の運営や収容者の監視や巡回などを行うお仕事です。刑務所など、受刑者を収容している施設では、社会復帰に向けた更生指導やカウンセリングなども行います。

ちなみに、刑務官は法務省所属の国家公務員となります。

刑務官を極めるにはどうすればいいのか

刑務官に求められるのは、罪を罰することではなく、罪を犯した者に対し、深い愛情を持って接し、指導し、再び犯罪に走ってしまうことのないよう、更生をさせていくことが使命となっております。相談にも応じますし、職業訓練なども行います。保安警備といった、責任のある、大変意義深いお仕事と言えるでしょう。

刑務官に就職や転職する上で必要なこととは

刑務官になるためには、いくつか方法がありますが、刑務官採用試験に合格するのが最も一般的です。受験資格は、男女共に17~29歳までとなっております。当然の事ながら、精神的にも、体力的にも、頑丈な人でなければまず務まりません。

「刑務官試験」という資格を取得する上で必要なことは

一般的な採用試験であれば、筆記と面接……でほぼ終了するところなのですが、刑務官試験の場合には、そこに身体検査と体力検査が含まれます。体格の小さい方、細い方では務まりませんので。また、裸眼視力が0.6以上という、視力に関する制限もありますね。また体力検査では筋持久力・瞬発力・敏捷性を問われます。このような制限により、「なりたくてもなれない」のだと、諦めざるを得ない方も多いのが現状です。