福祉住環境コーディネーターに転職するのに必要な資格「福祉住環境コーディネーター試験」とは?


福祉住環境コーディネーターとはこんなお仕事

高齢者や障がい者に対し、快適に生活できる住環境を提案する仕事が、この「福祉住環境コーディネーター」です。住環境に関する専門的な知識を持ち、その上で、医療・福祉・介護関連の従事者との連携を取り、最適な住環境を整えていくお仕事となります。

福祉住環境コーディネーターを極めるにはどうすればいいのか

福祉や介護の仕事をする上で、大変重宝される資格となりますので、介護や福祉の他の資格と併せて取得しておくことで、ますます重要性が高まるかと思います。また、建築や設計のお仕事でも大きな武器となりますので、関連のある他の資格とのセット受験・セット合格を、ぜひぜひおすすめしたいと思います。

「福祉住環境コーディネーター試験」という資格を取得する上で必要なことは

この試験は1~3級までありますが、福祉住環境コーディネーターとして働くのであれば、とにかく2級を取得することをおすすめします(1級は2級合格が必須となるため。また3級では住宅改修費の支給申請書や理由書を作成することができない)。

2級ではコーディネーターの役割や福祉住環境の整備について、1級では、地域福祉やユニバーサルデザインについてなど、幅広い視野と知識が求められています。

ちなみに2級と3級の試験はマークシート方式のみなのですが、1級になりますと、これに加えて記述式の試験もあります。過去、ケアマネージャーにしか認められていなかった理由書の作成なども、福祉住環境コーディネーターに認められるようになりましたので、今後ますます、活躍の場が広がることは、間違いありませんね!