司書に転職するのに必要な資格「司書」とは?


司書とはこんなお仕事

司書とは、図書館において、本に関する情報の収集と管理を行うプロを指します。図書館の本、分かりやすく並べられていると感じたことはありませんか?それは、利用者がすぐに知りたい情報を探すことのできるよう、司書により、区分と整理が行われているからなのです。情報を分かりやすくまとめる、本をきちんと紹介する。それが、司書のお仕事なのです。

司書を極めるにはどうすればいいのか

細かくかつ単調な仕事の連続というこの仕事は、実は接客業という側面もあります。いかに利用者が求める本を見つけられるかなど、図書館としての期待に応えるには、コミュニケーション力を磨き、創意工夫を重ねることだと思います。

司書に就職や転職する上で必要なこととは

司書になるためには、司書や司書補の資格を取得した後、自治体の採用試験を受け、図書館に配属されることが必須です。司書業務は人気が高く、年齢を重ねても大丈夫な仕事で、長く勤務することができる職種となっておりますので、なかなか求人がでない……という現状もあることを、先に知っておくことが必要でしょう。

「司書」という資格を取得する上で必要なことは

司書の資格を取得するためには、司書講習を受講することや、大学での司書養成科目の単位修得する、などの方法があります。また、司書補としての勤務経験が3年を越えた方にも、司書講習の受講機会が与えられることとなります。