上級システムエンジニアに転職するのに必要な資格「システムアーキテクト試験」とは?


上級システムエンジニアとはこんなお仕事

上級システムエンジニアは、システムエンジニアの中でも「要件定義」や「外部設計」などといった上流工程に携わります。クライアントの意向に合わせたシステム全体の開発設計をしていくという仕事となるため、プログラマーなどで求められる技術的能力より、むしろ開発手法や工程を調整するためのマネジメント能力が求められます(もちろん、コンピュータやIT関連における知識は当然必須です)。

上級システムエンジニアを極めるにはどうすればいいのか

単にクライアントが求めるシステムを作る……という能力だけでなく、それに付随して、コストの削減を考えるなど、利用者の目線に立って、利用者の要求を越えてくるような、高度な作業のできる方……ということになるでしょうか。システムエンジニアは、高度な専門知識や技術が要求されるお仕事ではあるのですが、需要はどんどん高まっています。

上級システムエンジニアに就職や転職する上で必要なこととは

何よりもシステムエンジニアとしての経験でしょう。クライアントと直接話し合う機会を重ねていくことによって、感覚を徐々に掴んでいく仕事だと思います。

また、システムアーキテクト試験で合格していることは、上級システムエンジニアとしての業務遂行能力があることを示すことにもなるので、有利です。

「システムアーキテクト試験」という資格を取得する上で必要なことは

システムアーキテクト試験は、マークシート方式・記述式に加えて、業務経験を踏まえた小論文があります。技術や知識だけでは到底太刀打ちできません。