CGデザイナーに転職するのに必要な資格「Illustratorクリエイター能力認定試験」とは?


CGデザイナーとはこんなお仕事

CGデザイナーとは、コンピューター(主にパソコン)を使用して、グラフィックスを制作するお仕事です。一口にCGと言っても、2次元や3次元、静止画やアニメーションなど、形態は様々です。映画制作や広告業だけでなく、建築関連など非常に多くの業種から求められているお仕事です。

CGデザイナーを極めるにはどうすればいいのか

CGデザイナーは芸術職でもありますが、同時に技術職でもあります。デザイナーとしてセンスを磨くのは当然ですが、思った通りの作品をコンピュータ上で仕上げる技術も磨き上げる必要があります。美的センスと制作技術、両方のスキルを上げていくことに尽きると思います。

CGデザイナーに就職や転職する上で必要なこととは

CGデザイナーにとって、PhotoshopやIllustratorのスキルは絶対条件(なければ到底仕事にならない)と言ってもいいでしょう。その意味でも、「CGクリエイター検定」や「Illustratorクリエイター能力認定試験」などの関連資格をまずは取得しておきましょう。

CGデザイナーへの就職や転職は、人気が高く、難関だと考えましょう。しかし、自分の持っているスキルやセンスをしっかりとアピールできれば、採用への扉を、グッと引き寄せることも可能です。

「Illustratorクリエイター能力認定試験」という資格を取得する上で必要なことは

Illustratorクリエイター能力認定試験は、実技問題と実践問題(エキスパートの場合は更に知識問題)が実施されます。実技は、DTPファイル等の作成となっておりますので、制限時間内に作り込めるだけの実力を身につけていきましょう。