総務に転職するのに必要な資格「個人情報保護士認定試験」とは?


総務とはこんなお仕事

総務のお仕事は、端的に言えば「会社全体の管理業務」です。その内容が実に幅広く、何でもこなす必要があるので、「雑用」といったイメージでとらえられがちなのですが、実は大変奥深く、「何でもできる人」との理解が適切かと思います。

総務を極めるにはどうすればいいのか

昨今の企業経営において重要なことは、個人情報保護だと言えるでしょう。それを企業が遵守するだけでなく、そこで働く全ての社員に対して、しっかりと教育することが求められます。つまり、個人情報を理解する、そしてそれを指導する、これが出来れば、少なくとも「極める」ための第一歩ということになるのではないでしょうか。

総務に就職や転職する上で必要なこととは

仕事を自分自身で見つけ出す能力、問題をスピーディーに解決する能力などが求められていることをご理解ください。要は「言われた内容を確実にこなす」だけでは不足している……ということです。つまり、採用担当者への自己アピールは、上記のような能力に長けている……と言う部分を、どんどん紹介していけば、好印象となるでしょう。

「個人情報保護士認定試験」という資格を取得する上で必要なことは

この個人情報保護士認定試験は、個人情報保護法に関連する内容(法律・システム・実務・他)についての試験です。合格率も高めですので、参考書などを利用してしっかり勉強すれば大丈夫かと思います。

個人情報保護士認定試験の価値は、いわゆる「マイナンバー」制度の導入により、ますます高まっているので、イチオシの資格と言えますね。