アナリストに転職するのに必要な資格「証券アナリスト試験」とは?


アナリストとはこんなお仕事

アナリストは、企業の情報や国内外における政治・経済の動向など、膨大なデータから株価の評価・金融の予測を行う仕事です。またそれらの知識を活用して、企業や投資家へのコンサルティングも行います。

アナリストを極めるにはどうすればいいのか

アナリストには、分析力は当然ですが、情報収集能力も同じくらい重要です。場合によって経営者や行政担当者へのインタビューをすることもあるため、取材力を高めるということが本当に大切になります。情報収集のためのアンテナを広げることが、ご自身の武器となる……ということなのでしょう。

アナリストに就職や転職する上で必要なこととは

まずは証券アナリスト試験の合格を目標にされるといいでしょう。国家資格ではありませんので、肩書きを名乗る為に必須という訳ではないのですが、金融関連の企業(証券会社や銀行、総合商社など)から一目を置かれる資格であることから、非常に重要と言えるのです。

「証券アナリスト試験」という資格を取得する上で必要なことは

証券アナリスト試験は1次・2次と2段階で行われます(1次試験に合格しなければ2次試験に進むことができません)。1次試験では証券分析とポートフォリオ・マネジメントおよび財務分析などが、2次試験ではそれに加えて職業倫理や行為基準が問われます。通信講座を受講すれば1次試験の受験資格が得られ、またその範囲から基本的には出題されるので、内容をしっかり理解することが重要です。