社会保険労務士に転職するのに必要な資格「社会保険労務士試験」とは?


社会保険労務士とはこんなお仕事

社会保険労務士とは、労働・社会保険に関する各種法律のプロフェッショナルです。具体的には、雇用保険など各種申請用の書類作成などを行う「手続き代行業務」、企業からの依頼で人事や労務関連における助言を行う「コンサルティング業務」、そして近年急増している「年金相談業務」などが主な業務となります。

社会保険労務士を極めるにはどうすればいいのか

労働や社会保険に関する法律の専門家として、プロの立場からしっかりとアドバイスが出来るか否か……が、ひとつの指標となるでしょう。ただ学び、知識を得るだけではなく、その知識を、働く企業において紹介し、さらには活用できる能力を備えることが重要なのです。

社会保険労務士に就職や転職する上で必要なこととは

社会保険労務士になるための第一段階として、社会保険労務士試験に合格することが絶対条件です(有償業務独占の国家資格のため)。そしてその試験を受験するためには、学歴・実務経験・国家試験合格のいずれかの要件をクリアしなければなりません。このうち学歴要件は大学(短大含む)または高専を卒業すれば満たされるので、こちらが一般的なルートといえるのではないでしょうか。

「社会保険労務士試験」という資格を取得する上で必要なことは

社会保険労務士試験の取得には、労働基準法や労働安全衛生法、労働災害補償保険法……といった、各種法令の知識が問われる問題が多く出題されます。他、労働に関する一般常識や、社会保険に関する一般常識も出題される傾向にありますので、学んでおきましょう。