気象予報士に転職するのに必要な資格「気象予報士」とは?


気象予報士とはこんなお仕事

気象予報士のお仕事……と言えば、テレビの天気予報で天気図を出して説明している姿を良く目にしますよね。まさにアレです。テレビやラジオなどで見かける以外にも、他の業種での需要も結構高いんですよ。例えば、農業・漁業系の職場、交通、流通、観光やレジャーなどですね。

気象予報士を極めるにはどうすればいいのか

それはもう、的中率を上げる。これしかないでしょうね。それには、天気図を読むだけの知識ではなく、季節や海外からの飛来物質等との兼ね合いなど、さまざまな要素を予報に取り入れていく必要があるのです。

気象予報士に就職や転職する上で必要なこととは

気象予報士となるためには、まずは気象予報士試験を受け、資格を取得しておく必要があります(名称独占資格なので)。非常に価値のある資格となりますので、やはりその分難しく、しっかりと取り組まなければいけませんね。気象予報士とは、いまや気象を予測するだけでなく、気象による災害への配慮、防災上の情報提供なども求められます。そのためには、各種データを適切に処理し、科学的な根拠を持って予測が行えることが求められているのです。

「気象予報士」という資格を取得する上で必要なことは

気象予報士試験は、学科と実技からなります。一般知識と予報知識に関する問題、そして文章や図表を用いて回答する形式となります。合格率は5%前後と極めて低いため、しっかりとパターンを頭に叩き込むことが何より重要です。