医療事務に転職するのに必要な資格「医療保険士」とは?


医療事務とはこんなお仕事

医療事務とは、病院などの医療機関で、医療関連の事務を行うお仕事です。以前は、開業医などですと、医師や看護師が兼任で医療にまつわる事務を行っておりました。しかし、昨今の医療業界は、事務量が増加の一途をたどっています。さらには複雑化も伴い、高度かつ専門的な技術を有する人材が必要となっているのです。

医療事務を極めるにはどうすればいいのか

医療事務には実にさまざまな資格があり、取得することにより仕事のフィールドをどんどん広げていくことが可能なお仕事です。勤務先の状況などに合わせて必要な資格を見極め、スキルを上げていくといいと思います。もちろん、コミュニケーションスキルを磨くこともお忘れなく。

医療事務に就職や転職する上で必要なこととは

医療事務に必須の資格はありませんが、例えば診療報酬明細書を意味する「レセプト」などの専門用語を頻繁に使用するため、基礎知識は絶対です。そのため、それを有することの証明として、「医療事務技能審査試験」や「医療保健士」などの資格を取得しておくことは就職・転職の上で有利に働くと思います。

「医療保険士」という資格を取得する上で必要なことは

医療保険士は、筆記と実技を受けることとなります。ちなみに、講習期間は通常4カ月程度です。試験の内容は、実技でレセプトの作成。他には、医療保険制度や投薬、注射、検査、入院などについて問われます。

医療事務全般について問われますが、講習での内容を理解しさえすれば資格取得はたやすいかと思います。