言語聴覚士に転職するのに必要な資格「言語聴覚士」とは?


言語聴覚士とはこんなお仕事

言語聴覚士とは、話すこと、聞くことにおけるリハビリのスペシャリストのことです。例えば失語症。脳卒中などの脳障害により、話す・書くことが難しくなる症状があります。また、運動性構音障害という、唇や舌の筋肉を動かしにくくなる症状があります。そして、吃音や音声障害。これは、言葉の一部を繰り返してしまったり、つまってしまう症状。声が出にくい……と悩む方もおられます。そして聴覚障害。生まれつき、言葉を聞くことが難しい方もおられますし、加齢や病気などが原因となる場合もあります。これらのさまざまな症状に、的確にサポートを行うお仕事。これが、言語聴覚士というわけです。

言語聴覚士を極めるにはどうすればいいのか

言語聴覚士を極めるためには、どんなことに対しても粘り強くなることが重要ですね。このお仕事は、一朝一夕で効果が表れることはまずありません。長く続けて、その中で生まれる小さな変化を喜ぶ。そんなお仕事ですから。また、訓練内容をしっかりとメモする、そんなきめの細やかさも求められます。

言語聴覚士に就職や転職する上で必要なこととは

就職先については、福祉施設の他、養成学校や学校教育の現場など、幅広く門戸が開かれていますので、自分が目指したい先はどこなのか、まず判断することが重要です。

「言語聴覚士」という資格を取得する上で必要なことは

言語聴覚士資格の取得には、言語聴覚士の養成機関を卒業した上で、言語聴覚士試験を合格することが求められます。