競艇選手に転職するのに必要な資格「競艇選手」とは?


競艇選手とはこんなお仕事

競艇選手とは、ギャンブルの一つであるボートレースの選手のこと。

このお仕事につくためには、国家資格の取得が必須です。また、合格後には、1年間、必要となる知識と技術の習得を行い、選手登録試験を受け、こちらにも合格することが必要とされているのです。なかなか、狭き門ですね。

競艇選手を極めるにはどうすればいいのか

競艇選手を極めるためには、やはり戦績を残していくこと以外にはありませんね。実力の世界となりますので、戦績あってこそ……なのです。戦績は、6カ月ごとに更新され、A1・A2・B1・B2などと各級にランキングされることとなります。

競艇選手に就職や転職する上で必要なこととは

競艇選手になるためには、国家資格である競艇選手登録試験に合格しなければなりません。この選手登録試験自体は誰でも受験できるのですが、実質、養成機関である「やまと学校」に入学することが絶対条件となっています。

この養成学校の入学というのは、はっきり言って難関です。身長や体重、視力、血圧……など、さまざまな身体的な制限がある上に、3回にわたる試験があります。競争倍率は約40倍(合格率に直すと2.5%で、司法書士試験並みの難しさ)です。

「競艇選手」という資格を取得する上で必要なことは

上でも述べたことから、とにかく「やまと学校」に入学し、修練を積むことに尽きると思います。ちなみに先ほども紹介した選手登録試験は、ほぼ100%の合格率ということです。