スポーツプログラマーに転職するのに必要な資格「スポーツプログラマー試験」とは?


スポーツプログラマーとはこんなお仕事

スポーツプログラマーは、簡単に言えば、スポーツに関するさまざまな相談に対してアドバイスを行うというお仕事です。具体的には、たとえば地域のスポーツ施設などで、相手の年齢・スポーツの目的(ダイエットなど)・体調などに合わせて運動メニューを考案し、その仕方を教えるといった流れが一般的です。一般の方に向けたスポーツ指導の専門家といってもいいかもしれません。

スポーツプログラマーを極めるにはどうすればいいのか

やはり、フィットネスなどの職場にて、さまざまなスポーツに触れ、そして実際にスポーツプログラマーとして働く方の行動から見て学び、その成果についても観察を続けることが重要だと感じます。スポーツとは、机上の空論では語り尽くせません。やはり、実際にその場に身を置くことが、何よりも重要かつ、意義のあることなのです。

スポーツプログラマーに就職や転職する上で必要なこととは

フィットネスなどの現場の他に、地域のスポーツクラブのコーチ……という道もございます。近年のダイエットブームに乗り、ダイエットトレーナーとしての仕事も最近は増えているようですね。

「スポーツプログラマー試験」という資格を取得する上で必要なことは

スポーツプログラマー試験は、文部科学大臣の認定する公的な資格となっており、価値の高さには定評があります。共通科目と専門科目それぞれ講習があり、その後で試験が行われます。さらに専門科目は前期と後期に分け、各数日間の長期に渡る講習となります。とにかく講習での内容をしっかり理解することが大切です。