転職の経験者松川が語る。


松川はこのセレモニーフラワーYTに転職するまでに何をしていたのか。

この会社に来るまでは、某会社の事務をしていました。仕事に不満などはありませんでしたが4年目なり自分のしたかった仕事を思い出させられることがありそれから転職先を継続して探しました。思い出させられたことというのは、友人の結婚式に行った時のことです。フラワーアレンジをしている人の姿を見て本当に活き活きしているように見えました。その時に私はこんなに活き活きして仕事をしているのかと今の自分に落胆しました。それから転職を考えたのでした。

松川がセレモニーフラワーYTに転職する上で苦労したこと。

一番私がネックに思ったのは年齢ですね。28歳という年齢がとても不安でした。花に関する知識は少なからずあったのですが年齢がやはり気になりました。販売も学生の頃にアルバイトをした経験があったので大丈夫だとは思っていました。

その転職の苦難を乗り越えた方法。

何事も前向きに考えることにしました。格好をつけても意味がないと悟り自然体で行動しようと思いました。それでした行動はとりあえず何事にも笑顔でいようと考えた事でした。笑顔で全ての物事に取り組みました。

ちょっと笑える、セレモニーフラワーYTへ転職をした際のエピソード

転職する際に年齢のことを1番ネックに考えていた私ですが、転職してから本当に小さいことだと思いました。お花屋さんで重要なのは綺麗な心でお花に語りかける事でした。最初に外見の見てくれだけを考えていた自分を本当に小さい人間だと思いました。