浄化槽管理士に転職するのに必要な資格「浄化槽管理士」とは?


浄化槽管理士とはこんなお仕事

浄化槽管理士とは、浄化槽の保守と点検の業務に携わる者を指します。水質汚濁の防止を念頭に、浄化槽の保守と点検を行います。ちなみにこの資格は、業務独占の国家資格となります。

浄化槽管理士を極めるにはどうすればいいのか

まずは、日本環境整備教育センターでの講習を受講しましょう。それが、取得のためには、一番の近道となっております。そして、講習内で行われる考査が、試験替わりとなる訳です。以上のようなことから講習はすごく厳しく、講習期間は全部で13日なのですが、その間、早退や欠席は、一切認められていません。

浄化槽管理士に就職や転職する上で必要なこととは

浄化槽管理士への就職や転職をお考えの際は、清掃会社などの門をたたくこととなりますね。マンションなどの点検・保守・管理を行う会社でも需要があるものです。どのような企業での勤務を希望しているのか、まずはそこを見極めた上で、就職活動をされるといいでしょう。

「浄化槽管理士」という資格を取得する上で必要なことは

先にも述べたように、浄化槽管理士の資格取得には、「浄化槽管理士試験合格」「浄化槽管理士講習修了」の2通りの方法があります。

浄化槽管理士試験では、以下の学習が必須となります。浄化槽概論や、浄化槽行政、浄化槽の構造や機能、工事の概論、そして点検や調整・修理についてなどです。もちろん、水質の管理方法なども重要ですね。受験制限は設けられていませんので、誰でも受験が可能ですよ。頑張って下さいね。