検査分析士に転職するのに必要な資格「検査分析士」とは?


検査分析士とはこんなお仕事

機器分析士は、大雑把に言うと「分析機器を利用して、物質をミクロのレベルで分析する」というお仕事です。

機器分析士が活躍するのは大きく分けて3分野です。ひとつは、大気中の有害物質や食品添加物などを対象とした「社会生活における物質分析」。二つ目は、主に新素材の分子構造の解析等を行う「新規生成・発見物質の分析」。そしてあとひとつは、史実の検証や文化財の修復のための「歴史関連の物質分析」です。

検査分析士を極めるにはどうすればいいのか

「検査分析士を極める」=「特級検査分析士資格を取得する」と考えればいいと思います。まず特級の受験資格を得るためには、「実務経験20年以上」「上級検査分析士」などという厳しい条件をすべて満たさなければなりません。さらに特級の試験はプレゼンテーション能力も問われます。故に、実務経験を積むことはもちろん、説明力や判断力を磨き続けていくことが肝要です。

検査分析士に就職や転職する上で必要なこととは

まずは初級検査分析士の資格を取得しましょう。初級の資格だけでも就職や転職には幾分有利になります。

「検査分析士」という資格を取得する上で必要なことは

検査分析士資格には初級・上級・特級の3クラスに分かれています。このうち初級と上級は高卒(認定試験合格者を含む)であればどなたでも受験可能です。初級は検査分析の基礎知識で、配付されるテキストから出題されます。