環境測量士に転職するのに必要な資格「環境計量士」とは?


環境測量士とはこんなお仕事

環境測量士とは「環境分野における測量士」、つまり、工場や工事現場あるいは自動車・電車・飛行機などから発せられる騒音や振動、あるいは大気および水中・地中の汚染物質などを計測し、その結果を分析するお仕事です。

以前から叫ばれている地球温暖化やPM2.5などで、環境問題の関心の高まりとともに、環境測量士の需要も高まっています。また、それと同時に、要求される内容も、高度化・専門化するなど、特化した技術が求められているのです。

環境測量士を極めるにはどうすればいいのか

すべての業種に当てはまることだとは思いますが、環境測量士の場合は特に、常に最先端の情報を取り入れることが何より重要だと思います。海水ひとつ計測・分析するにしても、地理的要素や生物学的要素などが複雑に絡んでいるため、それらを頭に入れなければ原因を特定することが極めて困難という事象も多々あるそうです。

環境測量士に就職や転職する上で必要なこととは

濃度関係と騒音・振動関係の、どちらに進むことを希望するのか、まずは決める必要があります。学習内容も、それによって大きく変わってきますし、就職先も変わってくる場合があるからです。

「環境計量士」という資格を取得する上で必要なことは

環境計量士試験は合格率が1割程度という難関です。化学や分析関連の問題が中心にはなりますが、法律関係の問題も出題されます。特に「計量法」という法律は1科目(25問)まるまる割り当てられているので、しっかり勉強しましょう。