環境再生医に転職するのに必要な資格「環境再生医」とは?


環境再生医とはこんなお仕事

環境再生医とは、自然環境再生の専門家を指します。短期的な処置ではなく、対策の計画を立て、それに基づいての施工をし、さらには長期的な維持管理を行うのがお仕事。将来を見据える視野の広さと、根気強さの求められる職業です。

環境再生医を極めるにはどうすればいいのか

環境再生医を極めるために必要なことは、まず、現状を正確に調査・診断する目をもつことです。これは、現地のみの調査をするだけでは不十分で、対象となる場所の近隣について調べたり、あるいは移植可能な場所を探すなど、多方面からの情報を必要とします。

環境再生医に就職や転職する上で必要なこととは

環境再生医への就職や転職をお考えの方は、「医」と名称につくその理由をぜひ深く、理解してほしいと思います。つまり、環境を「診察」して「処方」を出し「治療」を行い「ケア」を継続させる。環境にとって、とても重要な役割を担っている……ということなのです。まずは、この考えを、しっかりと心に留めておいてほしいですね。

「環境再生医」という資格を取得する上で必要なことは

環境再生医講習を受けるためには、まず取得する級に応じた実務経験が必要となります。初級であれば2年以上となっていますが、上級ともなると、10年以上の実務経験の他、2年以上の指導経験も問われます。さらに、前の級の資格を取得していないと受講資格は得られないので、一歩一歩ステップアップしていくことが何より重要です。