水泳指導管理士に転職するのに必要な資格「水泳指導管理士」とは?


水泳指導管理士とはこんなお仕事

水泳指導管理士とは、プールの利用者に対する監視や指導などを行い、安全に水泳を行えるようにするお仕事です。プールでは生死に直結する事故が比較的多いため、公認プールや標準プールにおいては、水泳指導管理士は必要とされます。

水泳指導管理士を極めるにはどうすればいいのか

水泳指導管理士を極めるためには、様々な泳法が出来なければいけません。普通に泳げる、早く泳げる……といっただけではダメで、溺者を助けるための泳法、救助法を身につけることなどは必須ですね。

水泳指導管理士に就職や転職する上で必要なこととは

「水泳指導管理士」という資格を取得することですね。この資格は民間資格ながら、プール管理者の要件として認められている資格ですので、価値はとても高いものです。

水泳指導管理士への就職や転職先としては、インストラクターとしてスポーツジムに勤務したり、プールの管理者として勤務するなど……といった道が用意されています。意外に、この資格の活用方法は多くありますので、水泳を長く経験されてきた方は、取得を検討されてもいいのではないでしょうか。

「水泳指導管理士」という資格を取得する上で必要なことは

水泳指導管理士の資格取得には、数日間に及ぶ講習会と試験への参加が必須となります。講習後に行われる試験は、基本泳法の他、理論科目、救助法など多岐にわたります。

また講習会に参加するためには、基本となる4泳法に加えて「横泳ぎ」ができること、同一泳法で500m以上泳げること、足のみの立ち泳ぎが3分以上できること、これらすべてを満たさなければなりません。