調教師に転職するのに必要な資格「調教師」とは?


調教師とはこんなお仕事

調教師は、競馬における厩舎の運営と、競馬用の馬を調教・管理するお仕事です。競走馬の個性というのは一頭一頭まったく異なるため、その馬にあったトレーニングを考案します。また厩舎の運営では、厩務員への指導や、騎手との打合せ、馬主との交渉などを行います。

調教師を極めるにはどうすればいいのか

調教師に求められるものは、馬の肉体的な管理だけでなく、メンタル面の調整もできること。ベストコンディションの状態でレースへ出走できることが必須となりますので、日々の管理の他、出走日を見据えた調整が求められます。また競走馬は馬主より預かる形となりますので、その責任はかなり大きいものであると言えるでしょう。

調教師に就職や転職する上で必要なこととは

調教師になるためには、調教師免許を取得しなければなりません。一般的には、厩務員(厩舎の従業員)として勤務し、調教助手を経て免許取得を目指します。

ちなみに、調教師免許は毎年更新しなければならないため、免許を取得したといって、気を抜くことはできません。

「調教師」という資格を取得する上で必要なことは

受験資格は28歳以上の方。試験の内容は中央競馬と地方競馬で若干異なりますが、基本的には、一次試験で法律関連や衛生学などの学科試験、二次試験で面接試験などを行います。幅広い学力が問われる上に、競争倍率も非常に高いため、なかなか狭き門となる試験なのです。