転職の経験者・福崎さんが語る。


「伊関堂本舗」の社員、福崎さんの自己紹介

今は和菓子職人の仕事をしています。職人の世界に飛び込んでもう9年……感慨深いものがありますね。以前私は、普通のサラリーマンをしておりました。しかし、子どもの頃からの夢だった和菓子職人を諦められず、意を決して和菓子職人の門をたたいたんです。いま思えば、よく先代は、何も知らない私を雇ってくれたものです(笑)それからはじまった、下積みと修行の日々。大変ではありましたが、とても楽しかったこと、覚えています。いま現在、和菓子職人と名乗れるまでに成長できたのも、先代のおかげですね。

福崎さんが「伊関堂本舗」に転職して(またはする上で)苦労したこと

もちろん、最初は右も左も分からないので、はっきり言って不安でいっぱいでした。

その転職の苦難を乗り越えた方法

新しいことを知ることを楽しむ(無理にでもそう思う)ことですね。実際、それが楽しいと思えるか否か、それが分かれ目だと思いますよ。

ちょっと笑える、「伊関堂本舗」へ転職をした際のエピソード

弟子入りを志願してもなかなかOKをもらえず、しばらく先代の家の前で座っていたんです。先代が通りかかる度に懇願していたんですね。でも、そんな折、近所で放火騒動がありまして、運悪く警察に……。事情を説明したところ、何と警察の方が先代に説得をしていたんです(正直不思議な光景でした(笑))。それがトリガーとなったのか、無事(?)採用されました(笑)

「伊関堂本舗」のご紹介

和菓子の製造ならびに販売を行っております。