高森から見る転職


高森はこの宮の森スキー学校に転職するまでに何をしていたのか。

大学を卒業に食品会社に就職して4年のあいだ営業職を3年こなして1年は、内勤の仕事をしていました。動くことが好きな高森は営業の仕事を楽しくしていましたが、売り上げに対してそれほど貢献できるわけではありませんでした。その結果4年目に内勤に職場が異動したのでした。

高森が宮の森スキー学校に転職する上で苦労したこと。

社会に出てから運動という運動をそれほどしてこなかったので、体が動くかどうかが心配でした。最初は自分の思った通りには体が動かないので体造りからしなければいけないのだと分かりました。転職を考えた時から体を鍛える為のトレーニングを始めましたが、簡単に体系の改造が上手くいくことはありませんでした。それでも内勤で社会人生活を送ることに嫌気がさしていた私は必死に肉体改造に励みました。

ちょっと笑える、宮の森スキー学校へ転職をした際のエピソード

学生時代のことを思い出して肉体改造のトレーニングをしました。お蔭で転職することに成功したのですが、そこの先輩に大学の後輩がいた事に驚きました。私は中途社員で3ヶ月は試用期間です大学時代の後輩と言っても何年も前の話です。何を後輩から言われるのかと思っていたら業務時間が終ったら残れということでした。昔の先輩に久しぶりに会ったに場所が場所なので命令口調で言われました。初出勤の日に残っていると、先輩社員の元後輩が「さっきはすいませんでした。転職おめでとうございます!!」とプレゼントをくれました。感動して思わず号泣してしまいました。