ソムリエに転職するのに必要な資格「ソムリエ」とは?


ソムリエとはこんなお仕事

ソムリエとは、レストランなどで提供されるお食事に対し、最適なワインを選び、ご提案するお仕事のこと。もちろん、それに伴い、ワインの保管や管理も任され、仕入れなども担当することになります。

ソムリエを極めるにはどうすればいいのか

もちろん、ワインを知ることが必要です。が、しかし、これは当たり前のこと。そこに、プラスアルファが無い限り、ソムリエのお仕事を極めることはできません。そしてそのプラスアルファとは、食材を知ること、言葉を知ること……です。食材は、旬とそうでない時期では、味が大きく異なります。もちろん、合わせるワインも変わってきます。そのような知識は、必要最低限だと心得るべきでしょう。また、ワインの奥深さを、的確な言葉で表現する技能も求められます。言葉足らずでは、ソムリエは務まりません。しっかりとした言葉を学び、豊富なボキャブラリーを持ちましょう。

ソムリエに就職や転職する上で必要なこととは

自分自身のアピールをしっかりとできなければもちろんいけません。自分のアピールもできない人が、ワインのアピールをできるはずもないのですから。

「ソムリエ」という資格を取得する上で必要なことは

ソムリエになるには、アルコールを提供する業界での勤務経験が必須です(日本ソムリエ協会が認定するソムリエ資格を取得する場合)。その上で、筆記試験・口頭試問・きき酒・サービス実技などが評価されることとなります。