競輪選手に転職するのに必要な資格「競輪選手資格検定」とは?


競輪選手とはこんなお仕事

競輪とは、日本で認められている公営のギャンブルの一つで、大雑把に言えば自転車レースです。そのレースに出場することが、競輪選手の仕事です。実力が全ての、ものすごく厳しい世界であることを理解しておく必要があります。

競輪選手を極めるにはどうすればいいのか

身体作りはもとより、精神力を鍛えること、そして、ライバル達に負けない意地や根性なども必須ですね。

競輪選手に就職や転職する上で必要なこととは

競輪選手となるためには、国家資格の「競輪選手資格検定」をパスしなければなりません。その試験内容と合格基準からして、過酷な状況となることは容易に想像ができるかと思います。そして、合格を手にしたとしても、そこで終わりではなく、そこから競技人生がはじまり、更なる過酷な状況が待ち構えている……ということを、理解しておかなければいけません。

「競輪選手資格検定」という資格を取得する上で必要なことは

まず、「日本在住者」「高校卒業者もしくは同程度の学力を有する者」「17歳~24歳」という必須条件が設定されています。その上で、技能や学科を試験することとなるのです。もちろん、未経験では難しく、ある程度の競技経験があっても尚、通過するのは難関と考えておいた方が無難かもしれません。ちなみに、こちらの倍率は、例年7倍以上となっているようですね。また、経験の無い方に関しても、適性検査というスタイルで受験は可能なのですが、そちらはさらに厳しく、倍率は12倍以上とのことです。

このため、養成施設である「日本競輪学校」に入学し、勉強する事が一番の近道かもしれません。