総務に転職するのに必要な資格「個人情報保護実務検定」とは?


総務とはこんなお仕事

総務は一言で言えば「労働環境の整備」のお仕事です。「会社の便利屋」と言われるほど仕事内容は幅広いので、どのようなお仕事も確実にこなす必要があります。企業が何をしているのか、どこに向かっているのか、取り引き先はどこなのか……などと言った細かな部分にも、しっかりと理解ができていることが求められるのです。

総務を極めるにはどうすればいいのか

昨今は、個人情報保護にまつわる社員教育や、実務の実施などが、日常的に問われています。それらをしっかりと理解し、さらには、人に教えることができるようになることが、「極める」ということとなるのかと思います。

総務に就職や転職する上で必要なこととは

総務への就職や転職をお考えの方に伝えておきたいのは、「言われる前にする」ことができるかどうか……ということ。言われたことに対して確実にこなせます……というだけでは、この世界には不向きと言わざるを得ません。総務とは、そのようなお仕事なのです。今後ますます、高度情報化社会となります。と同時に、管理する人材の必要性も高まることが予測されるのです。

「個人情報保護実務検定」という資格を取得する上で必要なことは

個人情報保護実務検定は、その背景にも迫ります。個人情報保護法成立までの経緯や取り組み、そして施行後の動向や状況など。そして条文への知識と理解。必要とされる対応について……などが出題範囲となっております。