一般事務に転職するのに必要な資格「簿記検定」とは?


一般事務とはこんなお仕事

一般事務のお仕事は、書類の作成や接客、電話対応、企業によっては経理業務も入ります。オールマイティな作業能力と知識が問われる中で、一番重要とされているのが、やはり書類作成なんですね。

一般事務を極めるにはどうすればいいのか

一番必要とされている能力を、先に極めることが必要ではないでしょうか。つまり、文書作成をはじめとするPCスキルですね。他の方に聞かずとも、頼まれた仕事をひとりでこなせる程度の能力は必須なのです。

一般事務に就職や転職する上で必要なこととは

自分自身の魅力を積極的にアピールできるか否かが重要です。自己紹介が魅力的に行える人は、きっと接客の際にも、しっかりと魅力的に自社アピールができるであろう……と考えますからね。

「簿記検定」という資格を取得する上で必要なことは

簿記検定には1級~4級というレベルがあります。中でも3級はビジネス上における基礎知識、2級は経営管理に役立つという意味合いから評価する会社が多いので、最低でも3級以上(できれば2級)を取得しておくことをオススメします。

簿記検定の受験には、制限はありません。どなたでも受験が可能です。試験時間は2級・3級ともに120分です。3級は商業簿記(主に企業間取引等に関するもの)、2級はこれに工業簿記(主に部門別損益等に関するもの)が試験範囲となります。しっかりと自分のものにしておきましょう。