医療事務に転職するのに必要な資格「診療報酬請求事務能力認定試験」とは?


医療事務とはこんなお仕事

医療事務は、病院や薬局など、医療施設での会計窓口を担当するお仕事の名称です。

医療事務を極めるにはどうすればいいのか

とにかく実務経験を積みましょう。しっかりとした経歴を持つことで、職場での発言権も得られますし、やりがいを感じられることと思います。そしてそのことは、転職を考える際にも、必ず有利に働くはずですよ。

「診療報酬請求事務能力認定試験」はこんな資格

医療保険制度などといった専門的な知識や、レセプトの作成能力など、医療事務を正しく行えるかを判定するための試験となっています。合格率は3割強と、医療事務分野における試験の中では最も難しいとされています。もちろんこの資格を持っていなくても窓口勤務をすることは可能なのですが、これがあるかないかで担当できる業務に大きな差が生まれ、もちろんその差が収入の差ともなってきます。ところによっては、正社員となれるか否か……といったような違いも生まれる事柄となりますので、やはり、取得しておいた方がいいのは一目瞭然ですね。

「診療報酬請求事務能力認定試験」という資格を取得する上で必要なことは

まずは事前に学べる場を探してみるのが必須ですね。もちろんこの資格は独学でも取得することは可能ですが、難易度はやや高めに設定されているため、通信教育や実際に学校に通うなど、何らかの養成機関に所属した方がより早く取得できることが多いようです。また、学校によっては、資格取得後のお仕事の紹介やあっせんなども行ってくれる場合があるようですよ。