トリマーに転職するのに必要な資格「JKC公認トリマー」とは?


トリマーとはこんなお仕事

トリマーはいわば「動物(主に犬や猫)の美容師」というべきお仕事です。具体的にはペットの種類や毛質などにあわせて、シャンプー・カット・ブラッシングなどといった毛の手入れをする「トリミング」という仕事と、ペットが健康かつ快適に過ごせるように、耳掃除や爪切りといった全身の手入れを行う「健康管理」という仕事を主に行います。

トリマーを極めるにはどうすればいいのか

ペットと触れあう時間をしっかりと取ること、ですね。トリマーとしての技術は、やはりペットや飼い主さまとの信頼関係があればこそ成り立つものなのですから。技術を身に付け、信頼できるトリマーとなれば、紹介などによりどんどん指名が入る……そんなポジションになることも、決して夢ではない職業ですよ。

「JKC公認トリマー」はこんな資格

日本最大の愛犬団体「ジャパン・ケネル・クラブ」が発行する資格で、トリマー関連の資格のなかでは最も信頼の置ける資格といっていいでしょう。この資格には5段階のレベル(高い順に、師範・教士・A級・B級・C級)が設けられており、C級から一つずつステップアップしていくという資格です。民間資格ではありますが、トリマーとして独立を考えている方には、ぜひとも取得しておいて欲しい資格ですね。

「JKC公認トリマー」という資格を取得する上で必要なことは

JKCに入会した上で、独学でC級資格を取得することもできますが、やはりJKCが公認する養成機関(または協力機関)への入学が最短ルートといえるでしょう。