会計事務所スタッフに転職するのに必要な資格「簿記検定」とは?


会計事務所スタッフとはこんなお仕事

会計事務所は、企業さまの会計や税務、経理をサポートするのがお仕事です。大まかに業務を分類すると、「巡回監査(客先となる企業に赴き帳簿をチェックする)」「相談業務」「データ作成・整理」などといったものになります。

会計事務所スタッフを極めるにはどうすればいいのか

会計事務所で働く人は、国家資格である税理士の資格を取得して独立を目指すという方がほとんどだと思いますが、そのためには何はともあれ実務経験をどんどん積むことです。その中でいろいろなパターンに出会い、勉強ができると思います。ちなみに転職については、特にしなくとも(ブラックじみたところでなければ)それなりの経験ができると思いますよ。

「簿記検定」はこんな資格

会計事務所はもちろん、一般的な企業の経理部門で働くためにはまず必須といえる資格です。この簿記という資格は、簡潔に言うと「決算書類を作成する」ための資格で、1級~4級まであります。会計事務所の仕事で求められるレベルは2級以上とされていますが、1級は独学では大変厳しいため、2級を取得することが最も効率的かもしれません。

「簿記検定」という資格を取得する上で必要なことは

とにかく試験問題を解きまくることですね。知識を学んだ後は、実践あるのみ。問題集こそが、実力をつけてくれるツールだと知りましょう。間違ってもくじけずにどんどん解く。これで必ず力が磨かれるはずですよ。