沖口尭さんが「フォントン出版」への就職活動でやってしまったエピソード

面接が終わり、最後、立ちあがって一礼してあいさつ、そして退室……となるところを、立ち上がってそのまま出入口まで言ってしまったんですね。そしてドアノブに手をかけた瞬間、「あいさつをしていない!」と思いだし、私はつい、元いた場所に戻ったんです。「もう一度させて下さい!」と言って(笑)で、もう一度立ち上がるところから(今度は一礼とあいさつを忘れずに(笑))やり直しました。それが良かったのかどうかは分かりませんが、結果、採用されて今に至っています(笑)どんな職種であっても「あいさつ」は必須です。私のような失敗はしないように、気を付けてくださいね。

実際に「フォントン出版」へ就職して

オフィスはとにかく騒がしいです(ちなみにオフィスに入った瞬間に、面接をなぜ会社でしないんだろうという理由が分かりました(笑))。私の自慢の大声でも上司にギリギリ届くかというほどで……入社したての頃は、業務が終わったときには声が枯れかけてましたね(笑)それに加えて、体力的にもとにかくハードです。でも編集者になることが夢なので、全く苦にはなりませんでしたが(笑)

現在出している「フォントン出版」の求人紹介

いま出ている求人は、営業の他、企画と広報です。営業は未経験でも応募可となっておりますが、企画と広報に関しては、3年以上の経験を必須としています。業界は問いませんので、どちらからの転職でも可能ですよ。