高田里奈さんが「蝶間林建物管理」への就職を希望した理由

私にとって「受付」というのは、小さい頃からずっと憧れていた職業だったんです。しかし昨今は、どんどんその「受付」という職業が減ってきていて、枠すら無い状態なんですね。就職できた今だから思えることですが、そんな状況下でこの仕事ができるということは、最高の喜びなんですよね。

高田里奈さんが「蝶間林建物管理」に就職する上で苦労したこと

「ここで失敗してしまうと、もう他は無い」という意識があまりにも大きすぎて、面接の前から最大限に緊張を……。おかげで頭の中はもう真っ白になって(この日のために準備してきたことも一気に吹き飛んでしまいました)、心の中は完全にパニック状態でした。

「蝶間林建物管理」への就職活動でやってしまったエピソード

面接時、一生懸命に笑顔を作ろうとしていたんですが、その笑顔がどうやらひきつっていたようなんです(笑)受付って、お客さまと最初に対面するという立場じゃないですか。会社全体の第一印象を担うという大変な役割の職種でありながら、そんな表情しか作れないって……もう、最悪のパターンです。無表情ではいけない……と思ってしまったのが裏目に出て、と、本当に最悪の面接となりましたね。なぜ採用され、いまに至っているのか。これはもう、私の中での七不思議でしかありません(笑)

現在出している「蝶間林建物管理」の求人紹介

今回は、受付の補充に1名の募集が出ています。即戦力希望なので経験者を優遇します。受付の募集というのは本当になかなか出ないので、これは貴重ですよ!