志麻山祥子さんはこの「催エージェント」という企業に転職するまでに何をしていたのか

雑誌モデルをしていました。名の通った雑誌にもいくつか出ているんですよ。……とはいえ、この業界は年齢が若いほど有利な部分があるので、どんどん需要が減ってくるんですよね。目に見えて変化するので、需要がゼロになってしまうまでに転職をしておかないと……と思った次第なんです。

実際に「催エージェント」へ転職して

「見られるお仕事」という意味では雑誌モデルのときの仕事となんら変わらないのですが、目の前に相手がいるかいないかで、これほどまでに受けるプレッシャーが違うものなのかと……特に笑顔や会話など気にするべき部分が、雑誌モデルのときよりもはるかに多い点に正直苦労しましたね。

その転職の苦難を乗り越えた方法

マナー教室に通うことで、逆に自信がついたかなと思っています。やはり、立ち居振る舞いは、プロに学ぶのが一番だと思います。自分に付加価値をつけるためには、こういった部分でケチってはいけないなと感じました。ちなみに今でも週1回欠かさず通っていますよ。

「催エージェント」のご紹介

各種イベントにおけるスタッフの派遣事業を行っています。会場の設営から撤収まで、あらゆる場面においてイベントをサポートします。

現在出している「催エージェント」の求人紹介

イベントコンパニオンを募集します。応募資格は3年以上継続してモデル活動をしている方(読者モデルOK、パーツモデルNG)とさせていただきます。