堂万達彦さんはこの「ぽっぷ&ハウス」という企業に転職するまでに何をしていたのか

カフェを経営していました。不景気のあおりを受けてつぶれてしまったのですが、そのカフェに通ってくれていた方に誘われて、現在勤めるカフェへの転職が決まったんです。ちなみにその方は、今のカフェを含め、系列会社をいくつも経営されている社長さんで、新たにオーナーを探されていたようで。タイミング良く私に白羽の矢が立った、ということでした。

堂万達彦さんが「ぽっぷ&ハウス」に転職する上で苦労したこと

苦労したことは、メイドカフェの実態を知らなかったことですね。存在自体は知っていましたが、実際に行ったことが無かったので、最初見た時は驚愕……といいますか(笑)時代の流れをまざまざと感じました。

その転職の苦難を乗り越えた方法

自分の足でさまざまなメイドカフェに通い、「なるほど、こういうものなのか」と感覚的に知ったことで自信がつきました。他を知ったことで、例えば「どうすれば自分の店の魅力を最大限に引き出せるのか」「新たにメニューを出してみてはどうか」などといった戦略も練ることができましたし、いろいろなお店に通い詰めて研究するという判断は、本当に良かったです。

「ぽっぷ&ハウス」のご紹介

メイドカフェや猫カフェなど、さまざまな形態のカフェを運営しています。

現在出している「ぽっぷ&ハウス」の求人紹介

メイドカフェオーナーの募集。秋オープン予定のメイドカフェにおいて、経営をお任せします。