田沼八重さんはこの「山田点訳」という企業に転職するまでに何をしていたのか

ボランティア活動をしていました。専門的な内容であれば、多少の収入がある場合もありますし、全くの無償でする内容もあります。もちろん、どちらも分け隔てなく行っていました。私の力が求められているのであれば、それでいいかなと思っていましたし、自分一人の生活がどうにか回ればそれでいいって思っていたんです。しかし、母親が倒れて実家に戻ることになり、改めて両親を見た時、私がしっかりと稼がなくちゃ……と思うようになったんです。

実際に「山田点訳」に転職して

入社して一番悩まされたのが肩コリですね。わずか数週間で発症しました。もともと点訳の技能は持っていたので(だからこそここに入社したわけですが(笑))、その点に関する苦労はありませんでしたが、今まで仕事として根を詰めて作業したことはなかったので、真剣にするとこんなに疲れる仕事なんだと、肩こりになったことによって初めて気付かされたんです。

その苦難を乗り越えた方法

とにかくこのままでは仕事がままならないので、最初はマッサージに頻繁に通いました。あとは作業スタイルに慣れることに集中しました。今では余分な力が入らないようになり、肩コリに悩まされることもほぼなくなりました。

現在出している「山田点訳」の求人紹介

点訳スタッフ。依頼のあった書籍を点訳していただきます。点字についての理解がある方を希望します。