宮島織江さんはこの「トリーテクサー」という企業に転職するまでに何をしていたのか

体操教室で体操を教える講師をしていました。「体の不調は、体操をすることで改善される」という信念のもと取り組んでいました。

宮島織江さんが「トリーテクサー」への転職を希望した理由

前述の信念にふと疑念を抱くようになったんです。というのも、体操によって改善される不調というのは、あくまでも身体を動かすことにはほぼ問題のないという人という条件付き。しかし、中には体操をすることもできないくらいに体を壊してしまっている方もいるわけで、そういった人の手助けをするにはどうしたらいいんだろう……と考えていたとき、「治療とエクササイズの融合」というスタイルを提案しているこの会社に興味を持ったんです。さらに「体操経験者のスタッフ募集」という求人を募集していたので、ここに転職しようと決意しました。

実際に「トリーテクサー」に転職して

この会社では、さまざまなマッサージの技法を学び、応用して、独自のスタイルを作り出して、提案するという仕事の流れになっているんですが、その中の「独自のスタイルを作り出す」という生みの作業が本当に大変でした。

その転職の苦難を乗り越えた方法

先輩にさまざまなアドバイスを聞けたことです。職場には数多くの先輩がいますので、先輩に実験台になってもらい、私の施術を行い、意見を聞く。ただひたすらにこのことを繰り返し、成果につなげていきました。

現在出している「トリーテクサー」の求人紹介

マッサージスタッフ。あんまマッサージ指圧師の資格が必須となりますのでご注意ください。