ネイリストに転職するのに必要な資格試験「ネイリスト技能検定」とは?


ネイリストとはこんなお仕事

ネイリストは、お客様の爪にさまざまなアートを施す仕事です。もちろんその前段階でお客様の爪をケアするという仕事も含まれます。スタイリストと同様におしゃれの最前線に立つ仕事なので、最新のトレンドや技術などに常に敏感でなければなりません。

ネイリストに就職や転職する上で必要なこととは

ネイリストになるためのルートとしては、基本的に「ネイリスト技能検定」といった資格試験に合格するか、あるいは基礎研修のあるサロンに就職するかのどちらかになると思います。取得義務の資格はありませんが、お客様から信頼されるネイリストになるためには、やはり前者の資格を取得しておくのがベターだと思います。

「ネイリスト技能検定」はこんな試験

この検定試験は、国内のみならず海外でも通用するネイリスト育成を目的に創設されたもので、ネイリストとして必要な技術力や知識を備えているかを問われる試験です。内容は各級とも筆記試験と実技試験からなります。試験は3級からスタートして、合格したら2級に挑戦、そして最上位の1級とステップアップする形となります。

「ネイリスト技能検定」どうしたら合格することができるか

この検定で特に重要なのが、実技試験における時間配分です。いくらネイルを完璧に仕上げても、タイムオーバーになってしまったらその時点で不合格になってしまうので、ネイルの完成度にこだわりすぎず、短時間でミスなく施術する練習を心掛けましょう。