久下直也から見る就職


久下直也はこの牧野美容室に就職するまでに何をしていたのか。

私は、ここに就職が決まるまでは、美容室で働く為に必要な資格の取得の為に勉強して美容の事を学んでいました。学校に通っていたので友人達と日々切磋琢磨して腕を鍛え上げていました。

 

久下直也が牧野美容室に就職する上で苦労したこと。

久下は、牧野美容室でどうしても働きたいと思っていました。理由は、自分の家族である母、姉2人が常時使っている美容室だからです。私がそこで働けば3人の美容代が今までの45%OFFになるからです。でも、牧野美容室は意外と人気の高い美容室ということもあり倍率がとても高かったが、自分は絶対に諦めることは出来ないので実技も筆記もトップを獲得できるように猛勉強しました。

 

その就職の苦難を乗り越えた方法。

苦難を乗り越えなければいけないと考えた時は、限界が来てどうしようも出来なくなる場合があります。何も考えずにやるだけです。マイナスをイメージすると良いことも悪くなります。成功したことだけをイメージして今の自分が出来る最前最良の事をしていれば結果は悪くなるはずがありません。

 

ちょっと笑える、牧野美容室へ就職をした際のエピソード

緊張していましたが就職して初出勤の日がきました。初出勤をして最初のお客様が来られた時は本当にびっくりしました。最初のお客様は母親でした。母が帰りお昼を少し回った時に来たお客様は姉でした。しかも時間差で来たのです。弟の初の出勤日だからといってもその日に皆が来るとは思っていませんでした。しかも3人共しっかりと45%OFFで払って行きました。