リフレクソロジストに転職するのに必要な資格「リフレクソロジー・プロライセンス実技士」とは?


リフレクソロジストとはこんなお仕事

リフレクソロジーは、リフレックス(反射)とオロジー(学問)の合成語であることからも分かるように、反射学のこと。今回紹介する「リフレクソロジスト」は、この反射療法で施術する人の事を指します。

リフレクソロジーを極めるにはどうすればいいのか

人の手足には、反射区と呼ばれる部分があります。これは、要は全身の各部位や内臓を映し出す部分のこと。その反射区がある手足をマッサージすることで、各部位や内臓にも好影響が期待できるというもの。つまり、それらについて、しっかりと学ぶ必要がありますね。

リフレクソロジストに就職や転職する上で必要なこととは

この分野への就職・転職をお考えの方は、やはり資格を取得することを第一に考えましょう。「技能」を目に見える形で表現するのは、難しいものです。だからこそ、「資格」というもので、第三者に表現してもらう……という訳なのです。

「リフレクソロジー・プロライセンス実技士」という資格を取得する上で必要なことは

リフレクソロジー・プロライセンス実技士の取得に必要なものは、日本リフレクソロジスト養成学院など、日本ヒーリングリラクセーション協会が公認している養成施設での、所定講座の修了です。講座内容は、実技の他、アロマテラピーや食生活、ヒーリング等も含まれますので、幅広い知識と、相互関係の理解が求められます。また、この資格のさらに上を行く資格もございますので、合格後はさらに目指してみましょう。