栄養士に転職するのに必要な資格「栄養士」とは?


栄養士とはこんなお仕事

栄養士の主な仕事は「給食管理」と「栄養指導」に大別されます。食べ物の栄養を管理し、疾患予防につなげたり、健康管理に活用するなど、大切な役割を担います。この仕事に就くためには、国家資格が必要です。

栄養士を極めるにはどうすればいいのか

アスリートや高齢者など、各分野に対応できる技能と知識が求められています。単なる健康管理ではなく、一歩上をいく管理のできる方が求められているのです。そのような分野の知識を磨いていくことで、製薬会社であったり、専属トレーナーなど、職業の場も大きく広がってくることでしょう。

栄養士に就職や転職する上で必要なこととは

栄養士へ就職や転職を希望される場合には、会社の他、給食センターや病院などが職場として挙げられます。仕事の内容はもちろん大きな意味では同じなのですが、向かう方向性が違ってきますので、自分の向かいたい先をしっかりと見据えて、就職活動をした方がいいでしょう。

「栄養士」という資格を取得する上で必要なことは

食品について学ぶ他、集団給食運営についてや、食事療法について、社会福祉についてなど、実に幅広く学ぶ必要があります。今後は、高齢化社会に向けての取り組みも広がってくるかと思いますので、より高度かつ専門的な知識と技術が要求されることでしょう。栄養士の資格を取得し、栄養士としての勤務を希望される方は、どんどん難しくなってくる道かと思いますので、がんばってくださいね。