行政書士に転職するのに必要な資格「行政書士」とは?


行政書士とはこんなお仕事

行政書士は、またの名を「代書屋さん」と呼びます。街の法律家という立ち位置だと言うと、分かりやすいかもしれません。法律相談にのってあげたり、官公庁への書類作成や申請を代理するなど、街のお助けマンであり、不要な紛争を未然に防ぐことのできる、キーマンでもあるのです。

行政書士を極めるにはどうすればいいのか

行政書士のお仕事は、業務範囲が大変広いことが特徴です。いろいろな領域に関わることができますので、このお仕事を極めるためには、社会や地域を広く見渡し、自分の活躍の場をしっかりと見出すことが重要です。もちろん、相手さまより依頼が来ることもあるのですが、「待っているだけ」といったスタンスでは、極めていくことはできません。社会に積極的に関わる、そして期待に応える。このことが、行政書士を極めていくことに繋がっていくのです。

行政書士に就職や転職する上で必要なこととは

まずお伝えしておきたいことは、「難しい」ということですね。年々、合格率は下がっている傾向にありますので、よほど腰を据えて学ぶ必要がありそうです。ただし、取得ができれば、大きな武器となることは確かですね。就職にも有利ですし、独立開業も可能です。

「行政書士」という資格を取得する上で必要なことは

行政書士には、受験資格はありません。年齢や性別・学歴に関係なく、どなたでも受験が可能です。試験は筆記のみ。憲法や民法などの基本法令科目の他、高校生レベルの一般教養も求められます。