宅地建物取引主任者に転職するのに必要な資格「宅地建物取引主任者試験」とは?


宅地建物取引主任者とはこんなお仕事

主に、不動産の取引を行うお仕事です。売りたい人と買いたい人の仲介となり、契約の締結や、重要事項の説明などを行います。宅地建物取引業を営む上で、必ず1人以上の主任者を置くことを法律で定められていますので、大変必要性の高い資格と言えるでしょう。

宅地建物取引主任者を極めるにはどうすればいいのか

不動産関連の業種に就職する際には、必須となる資格。また、大きな武器ともなりますので、その分野での就職が視野に入っている方であれば、学生時代に落ち着いて取得される方も多いようですね。仕事をしてからボチボチと……と考えるには、難しい資格です。時間的余裕のある時に取得しておく方が、賢いと言えますね。また、その方が、実際に就職後すぐに使える人材となりますので、重宝されることは間違いありません。

宅地建物取引主任者に就職や転職する上で必要なこととは

宅地建物取引主任者になるためには、まず国家資格である「宅地建物取引主任者試験」に合格しなければなりません。その後、登録実務講習を修了し(実務経験2年以上ある方は免除されます)、登録してようやくなれるものなのです。

また資格取得費用は、最低でも5万円程度(講習費を含めると7万円以上)かかるので注意が必要です。

「宅地建物取引主任者試験」という資格を取得する上で必要なことは

この資格は、不況に強いと有名ですね。リストラなどの方の強い味方となっている側面も持ち合わせています。民法などの問題も多いのですが、難問ではないので、勉強すれば確実に合格を手に入れることができるでしょう。