日本語教師に転職するのに必要な資格「日本語教育能力検定試験」とは?


日本語教師とはこんなお仕事

日本語教師とは、外国の人に対し、日本語を教えるお仕事のことです。もちろん、日本語の勉強をするのですが、それと同時に、日本の文化や地域などを紹介するのも大切なお仕事。また、母国語ゆえに、文法がフランクになり過ぎていて、間違っていることも多いものです。外国の方に、適当な日本語を教える訳にはいきませんので、やはり、日本語教師になるためには、日本語教育能力検定試験の取得が必須となるわけなのです。

日本語教師を極めるにはどうすればいいのか

日本語教育能力検定試験の受験に際し、他の言語を同時に学ぶと、より日本語を客観的に捉えられるそうです(例えば、日本語学習でどのような事に苦労するのかなど)。他の言語に触れることで、改めて母国語を知る……そんな努力こそが、よりよい日本語の土台となるのでしょう。もちろん、学んだ外国語を活かしてコミュニケーションをすることも大切です。

日本語教師に就職や転職する上で必要なこととは

日本語教師として働くには、「大学で日本語教育に関する専攻をしていること」「日本語教師養成講座を420時間以上受けていること」「日本語教育能力検定試験に合格していること」……の、いずれか一つの条件を満たしておく必要があります。

「日本語教育能力検定試験」という資格を取得する上で必要なことは

受験制限はありませんので、どなたでも受験が可能です。受験の内容は、言語についてだけでなく、社会や文化、心理などについても問われます。