秘書に転職するのに必要な資格「秘書検定」とは?


秘書とはこんなお仕事

秘書は、一見華やかなイメージのある職業なのですが、実は裏方であり、上司をサポートするための力強い存在でなくてはいけません。サポート……というからには、上司の行動範囲全てにおいて力添えできる能力を持っておく必要があり、多方面なの知識が必要とされます。非常に大変なお仕事である……と理解しておく必要があるでしょう。とはいえ、やりがいもとても大きなお仕事なのです。

秘書を極めるにはどうすればいいのか

秘書検定に合格するだけでは不足です。自分自身が秘書として支える上司のことをしっかりと「知る」ことが重要です。上司は皆さん同じではありません。多種多様な仕事をされ、生活パターンも異なります。だからこそ、そのパターンを熟知することが、まずは先決なのです。秘書資格で一般的な内容を学び、そして上司個人を知ること。この二つが兼ね備えられてこそ、本当の秘書……と言えるのではないでしょうか。

秘書に就職や転職する上で必要なこととは

まずは秘書検定の合格を目指しましょう。準1級以上を取得しておけば、間違いないでしょう。

「秘書検定」という資格を取得する上で必要なことは

秘書検定を取得するには、筆記試験の他、面接試験もございます(1級と準1級のみ)。そこで、秘書の職務知識や一般知識だけでなく、資質やマナーなども判断されると言う訳なのです。しっかりと、自己紹介できる練習を積んでおきましょう。