介護福祉士に転職するのに必要な資格「介護福祉士」とは?


介護福祉士とはこんなお仕事

「高齢化社会」をはるかに通り越して「超高齢社会」の現在では大変重要な責務を担うお仕事です。現場で働く、介護の世界のリーダーとなる存在で、お年寄りや身体の不自由な方の介護を行う専門職。食事や入浴だけでなく、活動の補助を行います。また、利用者の相談にのったり、助言を行うこともあるのです。

介護福祉士を極めるにはどうすればいいのか

一般的に知られているのが、身体介護ですよね。生活する上での動作の介助を行います。そして生活支援。家事など、日常の生活のお世話をします。その上で、介護福祉士を極めるために身につけておきたい技能とは、利用者やそのご家族からの相談に乗れる関係作りですね。この場合のアドバイスとは、口先だけの内容ではありません。介護対象者一人ひとりに合わせた「使える」アドバイスであることが、重要なのです。

介護福祉士に就職や転職する上で必要なこととは

まず、あらゆる福祉の現場を見ていてほしいと思います。社会福祉施設や自宅で介護を行う訪問看護、または有料老人ホームなど。同じ名称でのお仕事ながら、その内容は若干異なります。見ておくことで、将来の自分像を掴みやすいのではないかと思います。

「介護福祉士」という資格を取得する上で必要なことは

介護福祉士資格の受験資格取得には、「実務経験(3年以上の実務経験+実務者研修)」「福祉系高校」「養成施設」の3ルートがあります。まずは、こちらを満たすことからはじめましょう。