マッサージ師に転職するのに必要な資格「あん摩マッサージ指圧師」とは?


マッサージ師とはこんなお仕事

正式名称はあん摩マッサージ指圧師なのですが、一般的にはマッサージ師と呼ばれることが多い職業です。このお仕事は、患部となる部分を揉むことによる治療を行います。あん摩マッサージ指圧師は国家資格であり、取得することで、大変有利となるものなのです。

マッサージ師を極めるにはどうすればいいのか

治療院などで勤務したり、あるいはそこで研鑽を積んで独立したり、出張専門の形態で開業したり、スポーツ医学の知識を持ってトレーナーとして活躍したりと、さまざまな方向での活躍を視野に入れ、行動されると良いかと思います。活躍の場はかなり幅広いですよ。

マッサージ師に就職や転職する上で必要なこととは

マッサージ師になるためには、国の定める養成所で学ぶことが必要です。資格の取得は難しく、容易な道ではありませんが、一度技術を身につければ、あとは一生ものです。数をこなし、極めることで独立・開業も視野に入りますし、人生において大きなメリットとなりますので、挑戦する価値は大きいと言えるでしょう。

「あん摩マッサージ指圧師」という資格を取得する上で必要なことは

資格試験は養成所でしっかり勉強していれば合格できるレベル(合格率は85%前後ときわめて高い)です。むしろ、養成所に入学することのほうが厳しいという人が多いようです。そのための塾のあるようなので、利用することも有効な手段かもしれません。

ちなみに試験は筆記で行われ、衛生学や解剖学、基礎医学、関係法規などの多くの知識を問われます。