義肢装具士に転職するのに必要な資格「義肢装具士」とは?


義肢装具士とはこんなお仕事

義肢装具士は、事故などで手足を失った人や、障がいなどで体が不自由の人に、義肢や装具を製作・提供するのがお仕事の内容となります。義肢の製作と言っても、ただ作るのではなく、型取り・採寸・組み立て・仕上げ・調整に至るまで、利用者さまの体にちゃんと適合するように、丁寧に仕上げていかなければなりません。何より利用者さまの身体の一部となるのですから、大切に心を込め、技術を結集させるお仕事だと理解しておきましょう。

義肢装具士を極めるにはどうすればいいのか

義肢装具士に必要なものは、技術だけではありません。この仕事は、利用者さまの心の支えにもなる、大切なお仕事です。そういう意味でも、利用者さまに寄り添う「心」を育てることは何より重要です。

義肢装具士に就職や転職する上で必要なこととは

義肢装具士になるためには、前提条件として国家資格である義肢装具士試験に合格することが必要です。

「義肢装具士」という資格を取得する上で必要なことは

義肢装具士資格の取得のためには、まずは指定の養成機関で義肢装具士としての知識や技能を習得することが必要です。その専門課程を修了することによって、ようやく受験資格が得られるのです。

義肢装具士試験は、筆記のみとなっております。臨床医学の知識、義肢装具工学、義肢装具材料学等の他、義肢装具生体力学、義肢装具採型・採寸学、義肢装具適合学などの内容となっております。この内容からも分かるように、義肢装具に関わる全てが問われますので、広く、深く、知識をつけることが大切なのです。